研削砥石の構成

研削砥石は砥粒、結合剤、気孔の三要素で構成されます。 これら三要素は更に五因子に分けられ、砥石の性質を示すものとして仕様に記載されています。

三要素
  • 砥粒 加工物を削るための切れ刃
  • 結合剤 切れ刃を保持するホルダーの役目
  • 気孔 切りくずを排出するチップポケット
五因子
  • 砥粒 砥粒の種類
  • 粒度 砥粒の大きさ
  • 結合度 砥石の硬さ
  • 組織 砥石体積の内、砥粒が占める割合
  • 結合剤種 結合剤の種類

研削砥石の明細の呼び方 (JIS)

例)
1号平型 B 305×25×127 W A 60 K 6 V 8J 33m/s
形状 縁形 寸法 細分記号 研削材の種類 粒度 結合度 組織 結合剤 細分記号 最高使用周速度
1号平形 A 外周端面の
形状を示す
外径×厚さ×穴径 砥粒の細分記号 A 粗粉 一般研磨用微粉 精密研磨用微粉 A   0   V:ビトリフファイド結合剤 結合剤の細分記号 25
2号リング形 C 3号片テーパー形 C F4 F230 #240 B   1   B:レジノイド結合剤及び他の熱硬化性   30
3号片テーパー形 D 以降は細部寸法又は図面を要する G Z F5 F240 #280 C   2 有機質結合剤   33
4号両テーパー形 E   H   F6 F280 #320 D   3 BF:繊維補強付   35
5号片へこみ形 F   P   F7 F320 #360 E   4 レジノイド結合剤   40
6号ストレートカップ形 G   W   F8 F360 #400 F   5 R:ゴム結合剤   45
7号両へこみ形 H   32   F10 F400 #500 G   6 RF:繊維補強付ゴム結合剤   50
9号ダブルカップ形 I       F12 F500 #600 H

7 MG:マグネシア結合剤   57
11号テーパーカップ形 J       F14 F600 #700 I 8 E:セラック結合剤   60
12号皿形 K       F16 F800 #800 J 9 PL:熱可塑性有機質結合剤   63
13号のこ用皿形 L       F20 F1000 #1000 K 10     72
16~19号プラグ形 M       F22 F1200 #1200 L 11     80
16~19号コーン形 N       F24   #1500 M

12     100
20~26号逃げ形 P       F30   #2000 N 13        
20~26号へこみ形           F36   #2500 O 14        
27,28号オフセット形           F40   #3000 P 15        
31号セグメントといし           F46   #4000 Q 16        
35号ディスク形接着または機械的取り付け           F54   #6000 R

17        
36号ナット付ディスク形           F60   #8000 S   18        
37号ナット付リング形           F70     T   19        
38号片ドビテール形           F80     U   20        
39号両ドビテール形           F90     V   21        
41号平形切断といし           F100     W   22        
42号オフセット形           F120     X   23        
42号切断といし           F150     Y   24        
52号軸付といし           F180     Z   25        
54号ホーニングといし           F220                  
90号手砥ぎといし                              

注* 製造業者の任意とする

(JIS R 6242:1996 ほか)